最近の風評被害と表現の自由・情報操作について

風評被害と表現の自由!

最近のニュース報道を見ていますと、風評被害により辞任に追い込まれたり、活動を自粛せざるを得なくなったというケースが多いように思えます。そうすると、何でも自由に言った方が勝ちなのかとも思えますが、発言が自由すぎて番組を降板せざるを得なくなったという人もいます。ですから、バランスがとれていると言うこともできますが、このような時代にあっては、どのような風評被害対策を考えればよいのでしょうか。このことについて考えてみましょう。

誹謗中傷と情報操作!

まず、自由に意見を言えない社会というのは、健全な社会とは言えないでしょうし、このような社会では面白くない世の中になってしまうとも考えられます。その反面、自由に意見を言えるということを逆手にとって、根拠のない誹謗中傷を相手に与えるという輩が出て来てしまうということも懸念されます。これは、例えば国家間の争いについても言えることで、同じ出来事であっても、アメリカはロシアが悪いと言い、ロシアはアメリカが悪いと言います。

人々の反応を見誤らない!

そして、自分にとって不都合な事実が暴露されると、これは相手側が仕組んだ情報操作であると主張する訳です。こうなってくると、いったいどちらの言い分が本当なのか、訳がわからなくなってしまいます。ですから、風評被害に対応するには、まず正直に誠実に対応することが基本であると言えますが、それとともに人々がどのように反応するかということを見誤らないようにする必要があると言えるでしょう。例えば、今のアメリカ大統領選では、エスタブリッシュメント側が人々の反応を見誤ったと言える訳です。

現在、インターネットでは表現の自由が保障されている一方、誹謗中傷対策も欠かせなくなっています。対策内容はある特定のキーワードをシステマチックに検出し、それを削除もしくは修正しています。