重要です!企業システムでのネットワーク監視

ネットワーク監視の目的

近年の企業内システムは、複数のシステムがネットーワークを使用して連携していたり、パソコンからネットワークを使用してシステムを利用したりしているのが一般的です。このような形態では、ネットワークが停止するという事は、企業内システムが停止する事を意味し、停止した場合は、企業に大きな損失を与えかねません。そのため、ネットワーク監視により、不具合の発生する兆候を事前にキャッチし、トラブルを未然に防ぐ事が重要となってきます。

ネットワーク監視の手段

ネットワーク監視は、具体的に次のような事を行います。システムの中核のコンピュータであるサーバーが問題なく稼動している事を死活監視で確認します。また、サーバーとサーバーの間やサーバーとパソコン間でネットワークが疎通している事を経路監視で確認します。このような生き死にの部分に加えて、ネットワーク負荷や通信速度を状態監視で確認する事も重要です。このような監視は、人力のみで行うものではなく、専用のツールを使用して監視や情報収集を行う形が一般的です。

ネットワーク監視の重要性

このような監視は、企業内では、情報のシステム部門が日々行っています。近年、インターネットのショッピングサイトを始め、24時間365日、システムを稼働させなくてはならない場合もあり、非常に大変な業務となっています。また、利用者からしてみると、システムは動作していて当たり前とか、止まらないものという意識でいる事が多いです。そのような高いサービスレベルを維持するために、ネットワーク監視業務というのは、情報のシステム部門にとっては、非常に重要な業務の一つとなっていて、高い意識で取り組む必要があります。

新米システム管理者にはネットワーク内にある大量のデバイスのプロパティの閲覧、パスワードの変更、設定変更をした時、自動で検知するような総合的にコンフィグ管理を気軽に出来るツールをお勧めします。