知っておくと得をする!誹謗中傷の対策について

誹謗中傷が増えてきている

インターネットには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。例えば、インターネットの匿名掲示板やSNSなどでの誹謗中傷です。最近ではネットでの誹謗中傷が急激に増えてきています。自分がインターネットで誹謗中傷されていることを知ったら、やはりショックを受けがちですが、大切なのは感情的にならず適切な対処をすることです。この記事ではインターネット誹謗中傷された際の対策を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

誹謗中傷を発見したら削除要請をしよう

インターネットで自分に対しての誹謗中傷を発見した際はまず文章の削除要請をしましょう。インターネットにあるサイトやホームページには必ず管理をしている人物が存在していますので、管理者に対して文章の削除要請をします。しかし、中には管理者が不在のサイトも少なからずあります。その場合はサイトのプロバイダに文章削除の要請をしましょう。また、独自のルールで運営を行っているサイトもありますから、削除要請をする前に利用規約をしっかりと読んでおきましょう。

IPアドレスとはいったい何か

インターネットには「IPアドレス」というものがあります。IPアドレスという言葉を初めて聞いたという方も少なくないと思いますので、説明させていただきます。掲示板やサイトなどで書き込みを行った際には必ず発信者の情報が残るようになっています。その発信者の情報がIPアドレスなのです。IPアドレスが分かると、発信者の使用しているプロバイダや住所などが分かります。誹謗中傷を書き込んだ人物を刑事告訴した場合はサイトの管理者に発信者のIPアドレスを聞いてみましょう。

サジェスト対策に取り組むには、IT関連企業のプロのスタッフと相談をしながら、魅力的な依頼先に見積もりをお願いすることが重要です。