多彩なメリットがある仮想通貨としてのビットコイン

ビットコインの基本的な知識

ビットコインとは、日常生活や取引などの実体経済で使える仮想通貨です。単位はビーティーシーと呼ばれ、インターネット上で円やドルなどの世界中の通貨を通じて、お金に変換します。仮想通貨であることから、その支払い手段は紙幣や硬貨ではなく、スマートフォンなどを使った電子決済となり、手元に現金がなくてもすぐに支払いが完了します。ビットコインならではの特徴としては、インターネットを利用して送金ができることが挙げられるでしょう。

ビットコインの運営会社はどこなのか

ビットコインは、インターネット上にある取引所サイトを通じて交換が可能です。運営している会社や中央銀行、国家機関は定まっておらず、その管理はネットワーク上にある大きな取引台帳で行われます。そこに記録されているのは、ビットコインを使った全ての取引のみとなっており、個人情報は含まれていないのが特徴です。取引自体が可視化されているため、通貨の偽造や二重払いなどを防ぐ役割も果たすことになり、結果として、中央管理が不要となる訳ですね。

ビットコインの多彩なメリット

ビットコインの基本的な使い方は、自分のウォレットにビットコインとして変換し、支払いに対応している店舗にて、会計の際にスマートフォンなどをかざして支払いを完了させることです。その他の利用法としては、個人間の送金が挙げられます。国家や企業が管理していないので、監視や制限が存在しないこと、銀行などを経由することなく相手のウォレットに直接送金ができます。また、世界共通の通貨であることから、送金における手数料などが一切かからないということも、最大のメリットと言えるでしょう。

ビットコインとはインターネットの中でショッピング等の取引に使える仮想通貨のことです。政府や銀行等を通さずネットワーク上で取引が行われるため手数料が抑えられ世界中の誰とでも迅速な取引が可能です。